2.43 清陰高校男子バレー部second season感想レビュー

小説
スポンサーリンク

 

シンカ
シンカ

こんにちは。元図書館司書のシンカです

 

今回紹介する本は、前回紹介した『2.43 清陰高校男子バレー部』の続編、シリーズ2冊目になります。

前回は、清陰高校のバレー部のみの話が中心で、試合というより部員同士の人間関係が主な内容でした。

が、今回からは春の高校バレー(野球でいう甲子園)への全国大会への切符を手に入れるために、福井県の強豪チームと戦っていきます。

敵チームも魅力的なキャラクターがいるので、試合も見ごたえがあります。

どちらが県の代表決定戦を勝って春高へ行くのか?

試合展開にハラハラドキドキしながら楽しめる作品です。

 

福井県の強豪福蜂工業と激突


スポンサーリンク

2.43清陰高校男子バレー部second seasonの登場人物

今回は清陰と福蜂両方の登場人物を書いていきます。

福井県立七符清陰高校バレー部

灰島公誓(はいじまきみちか):cv小野賢章

清陰高校1年生。東京から戻ってきた『福井のもう一人の天才』。ポジションはセッター、背番号8番。身長183cm。

幼少期は福井県にすんでいました。母親が亡くなったことにより父親と東京に引っ越します。

中学はバレーの強豪に通っていましたが、そこで事件が起き不登校になってしまいます。単身福井県に引っ越し、幼馴染である黒羽と再会します。

思ったことをすぐ、口に出してしまう性格のため周りの人間関係がスムーズに行かないことが多いです。おまけに、かなりの自信家です。

『バレーの神様に愛された』と言われるほどの技術を持っていますが、試合中とそうでない時のオン・オフがとても激しいです。

清陰高校の人間関係には本人も満足しており、チームでプレイすることが大好きな模様。視力が弱く、0.01以下で試合の時は眼鏡とコンタクトを使い分けています。

 

黒羽裕仁(くろばゆに):cv榎木淳弥

清陰高校1年生。ウィングスパイカー。

男子バレー部エース。身体能力はずば抜けていますが、緊張するとガタガタになることが多く、プレッシャーに弱いのでミスが多いのが玉にキズです。

中学の時は不良の従兄とつるんでいましたが、灰島と出会うことでバレーに興味を持ち、春高を目指すようになります。

背番号は7番。身長は186cm。

福井県紋代町の地主、本家の一人息子で坊ちゃん。

近所の黒羽家のおんちゃんたちが合宿へ行くとき軽トラに乗せてくれたり、応援の余興をしてくれたりします。

小田伸一郎(おだしんいちろう):cv伊東健人

清陰高校3年生。ポジションはウイングスパイカー。身長は163cmと小柄ですが、熱血で誰よりもバレーが好きな、男子バレー部主将。

背番号は1番。

小柄ゆえに狙われることも多く、あまり強い選手ではありません。リベロへ転向しないかと顧問に言われた際、青木が機転?を利かせてスパイカーを続けられるようにしてもらっています。

人をプロポーズのような言葉で説得するのが得意です。

青木操(あおきみさお):cv梅原裕一郎

清陰高校3年生で、ポジションはミドルブロッカー。

男子バレー部副主将。背番号は2番。

高校1年生の時、名簿番号が前後していた小田に誘われ、バレーを始めます。

生徒会の副会長も務めていて、京大法学部を目指すほど成績優秀です。

顔もいいのでモテますが、毒舌家で策略家になります。

棺野秋人(かんのあきと):cv蒼井翔太

清陰高校2年生。ポジションはウイングスパイカー。背番号は4番。身長181cmです。

日光アレルギーのため、屋外で長時間の運動は出来ません。

そのため、夏でも長袖長ズボン、外では日傘をさしています。

女子バレー部の末森荊とは中学時代から一緒にバレーをやっていて、思いを寄せています。

大人しそうに見えますがたまに恐ろしいオーラを出して大隈(2年生、187cm)を怯ませたりします。

実は中の人(声優さん)が福井県出身のため、2.43と福井県のコラボレーション企画の宣伝マンを任されています。

末森荊(すえもりいばら)

清陰高校2年生。女子バレー部。身長173cm。

中学時代はバレー部のエースでしたが、高校に入ってからはなかなか思うように成績をあげられず躓いてしまいます。

男よりも男らしい、かっこいい系女子で、棺野から憧れられていたほどです。

大隈優介(おおくまゆうすけ):cv木村昴

清陰高校2年生。187cmと大型。元はラグビー部から転部したせいか、体つきもがっしりしています。デリカシーの無さはピカイチというお調子者。

福蜂工業(ふくほうこうぎょう)高校男子バレー部

三村統(みむらすばる):cv石川界人

福蜂工業高校3年生。全国大会に何度も出場している、福井県王者。

背番号は1番。

主将で人気もあり、明るく人懐こい性格と強いカリスマ性で、チームを引っ張っていきます。『悪魔のバズーカ』という異名を持つ、強力なエースアタッカーです。

県でバレーボールをする者ならその名を知らない人はいない、と言われるほどの有名人。ただ、黒羽はその存在を知らず先輩たちから「なんで知らないんだ」と怒られた経緯があります。

蛇足ながら、同じ出版社から出ている『ハイキュー!!』の天才セッターと中の人(声優)が同じなため、春高目指しすぎだろ、と言われていたようです。

越智光臣(おちみつおみ)

福蜂工業高校3年生。マネージャー。

高校1年生の時に怪我で選手を諦め、退部を考えていたところ三村や顧問に引っ張られてマネージャーに転向しています。

最強チームを支える裏方として信頼され、三村に、センターコートへ連れていくことを約束されていました。

少し涙もろいところがあります。

 

 

 

2.43清陰高校バレー部second seasonのあらすじ


 

東京の強豪校から転校してきた天才セッター灰島、発展途上のエース黒羽、163cmの熱血主将小田、193cmのクールな副主将青木が集う七符清陰高校男子バレー部。

今のメンバーで全国を目指す最後のチャンスは”春高バレー”ただ一つ。

清陰は県内最強エースアタッカー三村統が率いる常勝校福蜂工業を下さねばならない。11月。ついに清陰と福蜂の正面対決が幕を開けるーーー。

Amazonより引用

福井県代表の座を賭けて福蜂工業高校と戦う代表決定戦。

ひょんなことから練習試合をやることになり、公式戦に備えます。

手に汗握るスポーツ小説です。

 

 

2.43清陰高校バレー部second seasonの感想

前回は清陰高校のみだったエピソードに、福蜂工業高校が加わりました。

ストーリーの流れは、練習試合からの公式戦と、段階を踏んでいきます。

試合描写が、漫画や映像と違って文章で会場の雰囲気や臨場感を表してるので凄いと思います。

ローテーションの前衛から後衛に下がって、だれがあがってきて、っていう試合の流れは図が全くない分、少し想像するのが難儀でした。

なので、前のページに戻ったり、ルールに関しては巻末のバレーボール用語解説などで見返しながら読んでいきました。

小田先輩について

途中、小田先輩が、身長低いから狙われやすいのでスタメンから外れてくれって言われて一悶着が起きた時がありました。

表紙のイラストを見て、小田先輩が中表紙に一人でいるのを見て泣けてきてしまい。

…ああ…表紙からもスタメンから外されてる小田先輩ぃぃぃ。

灰島くんはよくも悪くも、素直で一途なので、悪気は全くないけどもオブラートに包むことがないから人間関係うまくいかないんだろうなあ、と思います。

根は悪い子ではないんですよ!ストレートに言いすぎなだけだから!

 



黒羽裕仁について

ボンが成長した。と思ったというか、1巻では中学生でフラフラしていたのが公式戦にでるようになってバレーに夢中になってきた感じですね。

黒羽家応援団の余興の凄さよ…。さすが地主の一人息子。

2巻は従弟の頼道と絃子ブラザーズ出てこなかったけど、その後はどうなったんだろうか…。妹の絃子は応援にきてたかな?

期待のエースになって嬉しいところです。

棺野と荊ちゃん

もっと進展ください。この一言です。文化祭で荊ちゃんがメイド喫茶でメイドやって、棺野がドラキュラとか、アニメでみたいです先輩。

しかも何気にいい雰囲気になってました、萌えをありがとうございます。

もっと進展ください。前の感想の時からこれ言ってる気がします。

進展ください。



三村と越智について

タッチを思い出した。

あれはそう、まるで「南を甲子園に連れてって」っていう感じでしたね。

これはこれで甘酸っぱい恋の予感…え?越智は男の子?そ、そんな馬鹿な。

 

大丈夫です、読む人(私)が腐ってますので、美味しくいただけます。

 

旦那氏
旦那氏

…腐った趣味は俺には理解出来ん…

青木先輩はあれ、しっかり録画してたと思いますよ。

青木先輩を敵には回したくないよね。

タッチ全11巻完結(ワイド版)(少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) [マーケットプレイス コミックセット] | あだち 充 |本 | 通販 | Amazon
Amazonであだち 充のタッチ全11巻完結(ワイド版)(少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) 。アマゾンならポイント還元本が多数。あだち 充作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またタッチ全11巻完結(ワイド版)(少年サンデーコミックス〈ワイド版〉) もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

田舎くさいところがいい

福井県は地方なので、方言も強いし、近所のおんちゃん、おばちゃんたちと近いというか仲が良い。

部活に行く前に「ほや、とうきび茹でたん持ってくけの」と言われたけど、これから部活だからいらんって言ったらとうもろこしが飛んできたり。

灰島家で雪かきをしてたら、黒羽家のおんちゃんたちが軽トラを乗り入れて手伝ってくれたりとか。

何も言わずに困ってるだろうということで手伝いに来てくれるのありがたいですよね。

試合について

試合については、ネタバレになるので詳しくは言いません。

しかし、夜寝る前に読み始めたら試合の経過が気になりすぎて試合が終わるまで読んでしまい、次の日に支障が出たので夜寝る前の読書にはオススメしません。

逆に眠れなくなります。気になり過ぎて。

試合の前でやめて次に回したほうがいいと思われます。

熱い戦いでした。

スポーツ小説のいいところは、どんなに敵同士で戦っていても誰も死なないで最後まで楽しめるというところだと感じます。

 

まとめ

  • 福蜂工業高校という、福井県王者との対戦
  • 春高(全国大会)へ向けた県の代表決定戦
  • 小田先輩ぃぃぃぃぃぃ!
  • 三村と越智がタッチ(語弊)
  • 黒羽家の影響力が凄い

 

他校と試合することで面白味が増してきたと思います。

今回はシリーズ2冊目ですが、次は春高編です。

総勢8人しかいないチームでどこまでいけるのか、これからが楽しみです。

アニメは途中までしか見てないのですが、今後アニメも見ていきます。

気になった方はぜひ手に取って読んでみてくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました