2.43清陰高校男子バレー部 next4years<Ⅱ>感想レビュー

4.0
スポーツ
スポンサーリンク
※このブログは広告やプロモーションが含まれています。
シンカ
シンカ

こんにちは。元司書のシンカです。

 

今回は『2.43清陰高校男子バレー部』シリーズの完結編である『2.43清陰高校男子バレー部next4years〈Ⅱ〉』を読了したので、その感想を書きます。
シリーズ1巻の中学時代から読んでいたので、まるで息子の成長を見守る親のような気分で大学生まで見届けました。
まだ彼らを追っていたい気持ちはありますが完結してしまいましたので、まずはお疲れ様、と言いたいところです。
今回のnext4yearsは2023年の9月と10月に連続刊行で、完結になります。
別のバレーボール漫画では大学描写はなく、就職に話が飛んでいたのでこれはこれで新鮮でした。
シリーズ最初から最後まで書きますので、ぜひ最後までご覧ください。

春季リーグの頂点に立つのはどのチーム?毎回手に汗握る試合に


スポンサーリンク

『2.43清陰高校男子バレー部next4years<Ⅱ>』のあらすじ

音声もイラストもない文章だけの試合ですが、臨場感はものすごいです。

清陰メンバーをはじめとする高校編までの面々に加えて、最強の新キャラたちも登場。
大学ごとに誕生した新たなドリームチームが全力でぶつかりあう春季リーグ戦、いよいよ佳境へーーーー!
灰島・黒羽のルーキーコンビが入学し、”悪魔のバズーカ”三村も怪我から復活して躍進を遂げた欅舎大学チーム。
浅野と越智がチームメイトとなり、”ターミネーター”の二つ名で畏れられる最強ミドルブロッカー、破魔、異色の金髪のリベロ太明が属する大学王者・八重洲大学チーム。
175㎝の最強スパイカー”九州の弩弓”弓掛が打倒八重洲を誓う慧明大学チーム。
三つ巴の戦いの決着は、最終日の最終試合に持ち越された。
大きなケガを乗り越え、全力を出し切れる喜び。
ハンデを越えて強さを証明しようとする決意。
仲間のために優勝を勝ち取りたいという誓い。
それぞれの想いを胸に、最後に勝利を手にするのはーーーー。
”熱類”あふれる青春スポーツ小説『2.43清陰高校男子バレー部』シリーズ、ついに完結!

Amazonより引用

 

 

 

 Kindle Unlimitedがお得!

本をお得に読みたい方は『Kindle Unlimited』がおすすめです。

  • お好きな端末で読むことができ、持ち物は端末ひとつで済むのでかさばりません。
  • 200万冊異常が月額980円で読み放題
    書籍やマンガ、雑誌が読み放題になります
  • 2ケ月お得なプランで、1960円→99円への破格のプランもあります
  • 本をダウンロードして、オフラインで読むことができます
  • 30日間無料もやっています
  • 無料期間中の解約OK!

気になった方はぜひ30日間無料体験をお試しください。

『2.43清陰高校男子バレー部next4years<Ⅱ>』の登場人物

Close up of Volleyball spiking and hand blocking over the net under bright spotlights

前回登場人物が多くて登場人物一覧が欲しいなと思っていたら、今回はちゃんと登場人物紹介があったのでよかったです。
バレーボールは6人制だからチームひとりひとりを覚えるのが大変ですね。

 

  • 破魔清央(はま すがお)…八重洲大学4年生、ミドルブロッカー、197㎝。長野県出身。日本代表メンバーにも招集された”バレーエリート”。屈強な肉体と機械のような冷静さから”ターミネーター”の二つ名で恐れられる最強ミドルブロッカー。
  • 太明倫也(たいめい みちや)…八重洲大学4年生、リベロ、177㎝。
  • 弓掛篤志(ゆみかけあつし)…慧明大学3年生、オポジット、175cm。福岡県出身。九州の古豪・箕宿高校を牽引して高校2冠を取った大エース。プレースタイルからついた二つ名が”九州の弩弓”。
  • 浅野直澄(あさの なおずみ)…八重洲大学3年生、アウトサイドヒッター、191cm。東京都出身。弓掛とは小学校の頃からのライバルであり親友。生来優しい気質だが、冷静沈着な将に成長して景星学園の全国制覇を成し遂げた。セッターもこなす万能プレーヤー。

いつものメンバーに加えて、大学編から新しく出てきた新キャラもいます。

 

 

 

 

 

『2.43清陰高校男子バレー部next4years<Ⅱ>』感想



今回は前回の試合の途中から始まったので、ダイレクトに続きでしたが、2冊まとめて購入しておいたのですぐに続きが読めました。
買っておいてよかった。
前回の<Ⅰ>が「ここで終わりかよ!!」っていう試合展開で終わっていたので。

 




 

弓掛と浅野について

この二人については、友だち同士なのにいつも学校が違うから敵同士で、切ない部分もありました。<Ⅰ>で、浅野が動揺して戦うのが辛かったり。
でも家に行って一緒に呑む場面があったりなかなか親友同士で戦うのも辛そうです。
対する弓掛のほうはいつでも全力。
小柄な選手ながら働きがすごいスパイカーなので、ポーランドで試合しないかとお誘いが来るほど。
背の高い選手に負けても優れたスパイカーだから根性で勝ってくる。
ハイキュー!!で言うところの小さな巨人というやつですね…。
とてもその言葉がしっくりくる感じ。作品違うけど。

八重洲と慧明戦について

前回が逆転したところで終了していたのでハラハラしながら読んでいたのですが、試合途中にアナリストのパソコンにボールが当たったりとか、バスケのゴールにバレーのボールが入って「勝ったー!」とか言ってみたり、なかなかコミカルでした。
そうだよね、バレーの試合中にバスケのゴールにボール入れたら勝利にはならんよね…。
緊迫した雰囲気の試合が多いのでたまにはこういうのもアリだと思います。
実際の春高とかの試合でバスケのゴールに入っちゃったのはさすがに見たことないけどな(笑)。

 

三村について

三村については、高校時代からの怪我で膝の手術をし、大学で復帰する流れでした。復帰はしたものの、なかなかジャンプ力が回復せず、伸び悩んでいる場面もありました。
でも、高校は3年しかないけど大学は4年ある。
4年プレーが出来る、といって試合中にスパイク決めに行ったりとかとてもよかったです。
元清陰組の黒羽と灰島も一応敬意は払ってるみたいよね。
高校のときは因縁の敵だったから3人が一緒のチームで戦ってると不思議な気がします。

大隈と棺野について

大隈って最初ラグビー部から転向して、途中からバレーやり始めたマンだったから大学で続けてるのびっくりでした。
「灰島がオレンジコートに連れてってくれたからわがままになっちゃってこのまま終われなくなった!灰島のせいだ!」
的なことを棺野と言ってて笑っちゃいましたよ、よくも悪くも灰島の影響が強い。
ところで棺野くんは荊ちゃんと進展まだかい。
おばちゃんもう待ちきれないよ。
告白して付き合うところまで見たかったよぅ!

旦那氏
旦那氏

わがままを言うんじゃありません!

 

シンカ
シンカ

結局生殺し状態のまま終了かい!

 

このカップルは終わるまでこうだったか…。

荊ちゃぁぁぁん!!

 

 



 

それぞれの進路について

プロ入りする人もいれば、バレーを辞めて教師になる人もいる。
太明はパッキンの教師だけどええんか…。
元担任のさゆちゃんにはウケたからいいんじゃないかな…?
太明に関しては一回黒くしたけどまた部員の意向により金髪になってなおかつ部長になったという経緯があるので、なんとなく受け入れられるようなきがする。
黒いと誰かわかんねーよ逆に、みたいな?
それにしても、黒羽は地主の息子だからか、いつの間にか海外で挑戦することになってましたね、なんてこった。
でも黒羽らしい気もします。
周りの親戚には勝てんわ。
まだ彼らを追いかけていたい気持ちはありますが、完結してしまったので完結を素直に喜ぶことにします。

 

 

 

青春ものの小説が好きならこちらもおすすめ

2.43ほど試合描写はありませんが、高校のバレーボール部でキャプテンだった桐島がやめてしまうことで揺れる人間関係を描いています。


桐島、部活やめるってよのあらすじ

 

田舎の県立高校。バレー部の頼れるキャプテン・桐島が、理由も告げずに突然部活をやめた。

そこから、周囲の高校生たちの学生生活に小さな波紋が広がっていく。

バレー部の補欠・風助、ブラスバンド部、亜矢、映画部・涼也、ソフト部・実果、野球部ユーレイ部員・宏樹。

部活も校内での立場も全く違う5人それぞれに起こった変化とは……?

瑞々しい筆致で描かれる、17歳のリアルな青春群像。

 

出版社より引用

 

読書ブログはこちら↓↓↓

 

 

まとめ

  • 大学生編、シリーズが完結
  • アニメは代表決定戦まで
  • 灰島と黒羽は同じチーム
  • 浅野と弓掛は違うチーム
  • 春季リーグ戦の優勝をかける戦い

 

最後までバレー漬けの物語で、試合が途中で辞められず眠れない読書になった夜もありました。

問題児だった灰島が清陰高校で成長していく様子は読んでいて面白かったです。

今回でシリーズ終了ということで寂しいですが、キャラの中学生から大学生までの軌跡を終えたのでとてもよかったです。

気になった方は『2.43清陰高校男子バレー部』から読んでみてくださいね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。


PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました